賢い犬ランキング上位の犬種

犬の知性研究で名高い「スタンレー・コレン博士」によって、
「賢い犬ランキング」という指標が公開されています。
ここで言う「賢さ」とは「人間の指示をどれだけ理解できるか」という意味です。

 

フィーリングではなく、実験を基に作成したランキングですから、
信憑性は高いと思います。

 

では、紹介していきます。

 

 

10位 オーストラリアン・キャトル・ドッグ
牧牛犬です。

 

ディンゴ(豪州の野生犬)に近い性質があり、
我慢強さ、慎重さ、勇気などを持っています。

 

性格が特殊で頭が良いので、ビギナーが飼うには向かない犬とされています。

 

 

9位 ロットワイラー
警備犬・牧牛犬

 

猪猟で活躍していた犬種を祖先に持つとされていて、忠誠心が高く、
勇気があってエネルギッシュです。

 

基本的に優しい性格をしていますが、警戒して人見知りしやすい面もあるので、
子犬の頃から家族以外の人とも会わせるようにしましょう。

 

 

8位 パピヨン
愛玩犬

 

見た目の気高さで人気。元気で、自分の意志で動ける利口さもあります。

 

人間の感情を察知して、先回りする事も多いです。

 

 

7位 ラブラドル・レトリバー
鳥猟犬。

 

愛情があり社交的で明朗。

 

介助犬や盲導犬に目立つ犬種であり、信用性と従順さが一番高い犬種であるとされています。

 

 

6位 シェットランド・シープドッグ
牧羊犬。

 

学習力に優れ、活発で明るい。
社会性が高く、人と一緒にいることを好む。

 

ただし、ナイーブで吠え癖が付きやすい犬種でもあります。

 

 

5位 ドーベルマン
大胆でありながらも、飼い主の言うことをよく聞きます。

 

映画などの影響で凶暴なイメージがあるかもしれませんが、
実は飼い主といい関係性になりやすい犬種であると言えます。

 

ただ、ナイーブで人間を怖がり、そのせいで飼い主を噛んでしまう血統もあります。

 

しつけ次第で気質が大幅に左右されるので、信頼できるブリーダーから引き取るべきです。

 

 

4位 ゴールデン・レトリバー
鳥猟犬。

 

愛くるしい姿なので、ペットとして人気です。

 

人懐っこく温厚で、子どもにも懐きます。
忠誠心が強く我慢強さもあります。

 

人と一緒にいる事を好むので、介助犬や盲導犬にも多い犬種です。

 

 

3位 ジャーマン・シェパード
牧羊犬。

 

忠誠心が強く温厚。訓練へのモチベーションが高い犬種であり、学習能力も高い。

 

いわゆる「働く犬種」であり、麻薬探知犬、警察犬など、
特別な仕事をしている犬も多いです。

 

 

2位 プードル
愛玩犬として大人気です。

 

感受性が強く、落ち着きもあります。

 

思考能力やトレーニングへのモチベーションが高く、
しつけなどによって、色々なことができるようになります。

 

 

1位 ボーダーコリー
牧羊犬

 

訓練性能、運動力が飛び抜けて高い犬種であるとされています。

 

秀でた能力があるので、色々な楽しさを一緒に味わえる犬種です。

 

大変活発なので、きちんと運動をさせないと、
困った行動が増えやすいという面もあるので気を付けましょう。

 

 

以上です。
ただし、「順位が上だからと言って必ずしも飼いやすいわけではない」
という事を覚えておきましょう。大切なのは、あなたのしつけです。